家を売りたい!ところで家を売ると税金ってかかるの?

住まなくなった家を売ったときの注意点は買ったときよりも高く売れたかどうかです。

もしも高く売れた場合は利益が出たということになり税金を納めなくてはなりません。

税金は所得税と住民税がかかります。
といっても、絶対に税金を払うわけではなく、譲渡所得が3,000万円以下なら払う必要はありません。

譲渡所得は、まず売却価格から家を買った時の購入価格を引きます。購入価格は、建物にかかる部分については減価償却費相当額を控除します。

次に、家を買った際の取得費を引きます。
取得費は、仲介手数料、測量費、印紙税、登録免許税、登記費用、不動産所得税、ローン保証料、リフォーム費用があります。

最後に家を売却した際の譲渡費用を引きます。
譲渡費用は、仲介手数料、測量費、印紙税、広告料、抵当権抹消のための登記費用があります。

譲渡所得が3,000万円を超えても、3,000万円を控除できる特別控除があります。
ただし、注意点が4つあり、当てはまる人だけしか控除されません。

一つ目は、売却する家に住まなくなったその日から3年を経過する年の12月31日までに譲渡しなくてはいけません。売却前から長く住まなくなった家の場合は注意してください。

二つ目は、譲渡先が配偶者や直系の血族、あるいは生計を一つにする親族など、特別な関係が無いことです。赤の他人に譲渡するなら問題無いですね。

三つ目は、譲渡した年の前年、あるいは前々年にこの3,000万円の控除を受けていないことです。

四つ目は、買い替えの特例や収用、交換などという特例を受けていないことです。

以上の4つの注意点に当てはまらなくても、10年以上所有した家を売却したならこの控除を受けられます。

住まなくなった家を3年以上放置していても、10年保有していれば問題無いということです。

このページの先頭へ