家を少しでも高く売るために気をつけたいこと

今まで住んでいた家を売る場合や、投資として購入した家を売る場合、どのようなことに気を付けたらいいでしょうか。

まず、売る場合は査定サービスを利用しなければなりませんが、査定サービスを申し込む場合、査定の知識を最低限知っておく必要があります。

査定には大きく分けて2種類の査定があります。
一つが簡易査定というもので、もう一つが実査定と言うものです。

簡易査定とは、インターネット上で行うことができる査定のことで、その家の広さや立地、築何年目かなどの諸条件を記入すれば、過去にその近辺で売却された不動産の価格を基準に決めていきます。

これに対して

実査定とは、より実質的な点でその査定額を算出していきます。
簡易査定とは違い、実際に不動産業者の査定について詳しい人がやってきて、より詳しく家の中を見て回ります。

それによってより適正な観点から判断していくことになるのです。
査定をする場合には簡易査定で終わらないように気を付けるなどの注意点が必要です。

査定サービスを利用して不動産業者に査定額を出してもらったのなら、次に自分の所持物件を
より高く売るために不動産業者に売却を任せます。

この時の注意点は、不動産業者の中でも住宅の売却になれているところを選ばばなくてはなりません。
例えば店舗ばかりを扱う不動産業者や、ビルばかりを扱う不動産業者売却に売却を依頼してもあまり意味がありません。

実際に住宅を専門に扱っていることで、ある程度経験が豊富な社員がいる会社を選ぶことです。

あまり知られていないことかもしれませんが…
不動産の広告に力を入れない企業と
広告に力を入れるやる気のある企業がありますので、企業の選択も意外に注意点となります。

このページの先頭へ